新着記事
2024/4/15
牧羊幼稚園が大事にしているもの
聖書のことば「私たちは今すでに神の子どもです」ヨハネの手紙一 3:2チャプレン 司祭 ダビデ林 和広 おはようございます。元気ですか? 新しい学期が始まって最初の月曜日の礼拝です。先週、始業式、入園式がありまして新しいおともだちが入ってきましたね。うれしいですね。入園式の時、新しく入ってきたおともだちにみんないる「牧羊幼稚園」という名前についてのお話をしました。「牧羊」とは「羊を大切に育てる」という意味があります。羊はみんなが知っている動物の羊のことですが、聖書では「羊」と羊を育てる「羊飼い」のお話が出てきます。聖書の中にある詩篇という書物には「主は私の羊飼い」という詩があります。その詩の中では羊飼いは神さまのことを示し、羊はわたしたち人間のことを示しています。羊飼いはいつも羊といっしょにいます。羊飼いは羊一匹一匹に名前を付けて、その名前で呼びます。どんなにたくさんいても全部の名前を覚えています。羊飼いはいつもいっしょにいて、いろんなことから羊を守ります。怖い動物が来ても羊飼いは逃げません。命をかけて守ってくれるのです。同じように神さまはわたしたちの名前を知り、いつもいっしょにいて、守ってくれているのです。 今朝の聖書のことばは、「私たちは今すでに神の子どもです」ということばです。今朝のことばは、神さまはわたしたちを神さまの子どもとして大切に守ってくれているということばです。羊飼いと羊の関係と似ています。いつもいっしょにいて、大切にしてくれるということを伝えているのです。 牧羊幼稚園ではみんな一人ひとりが大切であるというココロを大事にしています。みんなの周りにいる先生たちはみんなのことを羊飼いとして大切に育ててくれます。羊飼いである神さまから遣わされた羊飼いとして、神さまといっしょになってみんなのことを大切にしてくれるのです。 みんなはこの幼稚園で大切に育てられることを通して、みんなの周りにいるおともだちを大切にするココロを広げていきます。自分が受けた優しいココロを周りのおともだちに分け合っていくことを学んでいくのです。 これから楽しみですね。今日も1日、楽しく元気に過ごせますように。
神様のお話
2024/3/11
神さまからのお願い
聖書のことば「わたしはあなたの掟を楽しみとし御言葉を忘れません」詩篇 119:16チャプレン 司祭 ダビデ林 和広 おはようございます。元気ですか? いつも月曜日の礼拝のはじめに、私はみんなに「おはようございます、元気ですか?」と聞きますけど、みんなが「はーい」と応えてくれること、とってもうれしいです。礼拝の中でのお歌もお祈りもいつも大きな声で歌い、そして、大きな声でお祈りしてくれることもうれしく思います。 みんなの心の中にお歌やお祈りの言葉はちゃんとあって、それを覚えているのでお歌やお祈りのことばがでてくるのだと思います。 今朝の聖書のことばは「わたしはあなたの掟を楽しみとし、み言葉を忘れません」ということばです。「掟」ということば、難しいですね。簡単に言えば大切なこととして、覚えて欲しいこと、という意味です。今日の言葉は、詩篇というお詩の中にあることばですが、「あなたの掟」というのは、神さまからわたしたちに向かって、大切に覚えていて欲しいことです。神さまはわたしたちに何を覚えて欲しいと思っておられるのでしょうか。 ここでは詳しく書かれていませんが、ひとつ言えることは、神さまはわたしたち一人ひとりが、楽しく、元気に、生きてほしいと願っているということです。悲しくて泣いたりしているおともだちがいれば、涙を流した後は、また、元気を取り戻して欲しい、と願っているし、元気なおともだちは、泣いているおともだちがいれば、そばにいてあげて、お話を聞いてあげて欲しいと願っているのです。 聖書の中にはたくさんのことばが書かれていて、全部、覚えることはとっても難しいのですが、聖書全体が伝えていることは、みんなが生きているこの世界の中で、目には見えないけど、神さまは生きていて、いつもみんなのことを見守ってくれていて、みんな一人ひとりが、神さまからのお恵みをたくさん受けて、元気に、活き活きと生きて欲しいと願っておられるということなのです。🙂
神様のお話
牧羊幼稚園ってどんなところ?

キリスト教に基づいた

一人ひとりを大切にする教育 

 

牧羊幼稚園は、目の届いた温かい保育をする小規模園です。

お祈り、遊び、お友だちや保育者との関わりを通して、他者を思いやる心を育てる保育をしています。

 

 

教育目標

牧羊幼稚園では、下記の教育目標を基に、あらゆる行事と活動を行っています。

  1. 神様と人から愛される子ども
  2. 健康で明るい子ども
  3. 精いっぱい遊べる子ども
  4. 思いやりと温かい心をもつ子ども

保育内容・アクセス等は、HPをご覧ください。