記事
2023/1/30(月)
ありがとう
聖書のことば「どんなことにも感謝しなさい」テサロニケの信徒への手紙 5:18チャプレン 司祭 ダビデ林 和広 おはようございます。幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか? 今朝の聖書の言葉は先週、先々週の聖書の言葉とつながりがあります。パウロという人が書いたお手紙の中にある言葉ですけど、先々週は「いつも喜んでいなさい」、先週は「絶えず祈りなさい」という言葉についてお話しました。そして、今日は「どんなことにも感謝しなさい」という言葉が今日の聖書の言葉として選ばれています。 「喜んでいること」、「お祈りすること」、「感謝すること」、これが生きていく上で大切なことだよってパウロはおともだちにお手紙を書きました。「感謝すること」とは、「ありがとう」という気持ちをおうちの人や先生、おともだちに伝えることです。お誕生日会でおともだちが「お誕生日おめでとう!」と言うと、お誕生日を迎えたおともだちは「ありがとう」と言っていますね。「おめでとう」と言ってくれたおともだちのやさしい気持ちを受けて、「ありがとう」と言う。お互いがうれしい気持ちになりますね。 今朝のお手紙でパウロという人は、「どんなことにも」、ありがとうという気持ちを持ちましょうねって伝えてくれています。「どんなことにも」、そう、毎日のこと、朝、目が覚めて新しい朝を迎えることができたこと、朝、起きておいしいご飯を食べることができること、朝起きて、歩くことができること、幼稚園で先生やおともだちと出会うことができたこと、体を動かす、お話する、お歌を歌う、遊ぶこと、学ぶこと、帰るおうちがあること、お風呂に入れること、お布団に入って寝ることができること、そのような毎日していることは、当たり前のことではないということ、そのことを伝えてくれているのです。食べるものがあるから、元気だから、食べることができる、体を動かすことも元気だからできる、お話しするのはお話する先生、おともだちがいるからできる、おうちがあるのも当たり前でないし、お水があるからお風呂に入ることができる、お布団で安心してゆっくり寝ることができるのも、今住んでいるいるところに大きな争いとかなくて、平和だからそうやって寝ることができる。一つ一つのことは当たり前ではないこと、そのことに「ありがとう」の気持ちをもって生きることがとっても大切なことなんだよって伝えてくれています。一つ一つのことができることに「喜び、みんながこのようにできるためにいのちを与えてくれている神さまに「ありがとう」って応えて生きていく、ということがとっても大切なことであることをおぼえていて欲しいです🙂
神様のお話
2023/1/23(月)
よびかける
「絶えず祈りなさい」テサロニケの信徒への手紙 5:17チャプレン 司祭 ダビデ林 和広 おはようございます。寒い中、幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか? 今朝の聖書の言葉は、「絶えず祈りなさい」という言葉。 みんな、朝、幼稚園に来てお祈りをささげていますが、「お祈り」とは「神さまに呼びかける」ということです。朝の礼拝ではいつも「主の祈り」を祈っていますけど、「天におられるわたしたちの父よ」って天の父なる神さまに呼びかけて、そこからこの世界のため、わたしたちのために祈りをしていますね。神さまは全部ちゃんと聞いてくれているのです。 神さまはみんなのことをいつも見守ってくれていて、みんながどこにいるかも知っておられるけど、みんなの声が聞きたい、そう願っておられます。朝起きて、家族のみんなに「おはよう」ってあいさつすると思うけど、みんなのその声を聞いて家族のみんなは安心するし、うれしくなります。同じように神さまもみんなの声を聞いて安心し、うれしい気持ちになられる。お祈りを通して、神さまによびかけることを通して、神さまとみんながつながり合うのです。 今日もみんなの元気な声を神さまは待っています。神さまに呼びかけて、祈りを通してつながり合い、元気に過ごすことができますように🙏
神様のお話
2023/1/16(月)
大切なもの
聖書のことば「いつも喜んでいなさい」テサロニケの信徒への手紙 5:16チャプレン 司祭 ダビデ林 和広おはようございます。幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか?新しい1年が始まっての最初の月曜日の礼拝の時間です。「礼拝」という言葉を使っていますが、この言葉のもともとの意味は、「大切なもの」という意味があります。わたしたちにとって「大切なもの」をみんなで集まって行うこと、それが礼拝です。今日は1月16日ですが、明日17日はわたしたちが住んでいるこの日本において忘れてはならない出来事を思い出す日です。阪神淡路大震災という大地震が起きた日が1月17日でした。今から28年前のことでした。わたしはその時大学生で東京にいました。朝、テレビをつけると神戸、大阪を中心に大きな地震が起きたというニュースが流れていました。神戸にお家があるおともだちがいて、電話がつながらない!どうしよう、と心配しているおともだちがいました。大地震がおさまった後、全国から多くの人たちが地震が起きた場所に集まって、困っている人のところに行き、食べるものを配ったり、壊れたお家を片付けたり、悲しんでいる人、泣いている人たちのところに行って、出来る限りのことをしました。教会でも多くの人が神戸、大阪の教会に集まり、困っている人を助け、その人たちのために祈りました。それからずっと多くの人が大地震の起きた1月17日に大地震が起きたところに集まって、この大地震で命を失った人のため、そのご家族のため、大地震によって今も悲しい思いをしている人たちのことを覚えて祈り続けています。明日は多くの人たちが地震の起きたところに集まってお祈りが捧げられます。この世界は神さまがつくってくれた、神さまはいつも私たちのことを思ってくれている、わたしはみんなにそのようなお話をしますが、どうしてこのような悲しいことが起きるのか? そのように思うおともだちがいると思います。神さまがいてくれるのにどうして多くの人の命が失われたのか?と。これに対する答えは見つかりません。でも一つ言えることは、今、お話の中で言ったように、神さまは悲しんでいる人、泣いている人たちのそばにいて、同じように悲しみ、泣きながら、一緒にいてくれて、そこからまた元気になるようにと支えてくれる、そのことははっきりと言えます。いつかは悲しみが消え去って、笑顔になれるようにといつもそばにいてくれている。大地震が起きた時も多くの人がその場所に集まってそこにる人たちを助けたこと、明日はたくさんの人が大地震のあったところに集まって祈るということをお話しましたけど、そのような人たちのところに神さまがいる。この先もずっといてくれて悲しみから笑顔になるまで、笑顔になってもずっといてくれる、そのことを伝えたいと思います。今朝の聖書の言葉は「いつも喜んでいなさい」という言葉です。先ほどお話ししたように、生きている中にあって悲しいこと、つらいことがたくさんあって、「いつも」喜んでいることは難しいことです。生きていれば悲しこと、つらいことがたくさんある。でも、神さまはうれしい時もかなしい時も「いつも」そばにいてくれる。悲しみから笑顔になれるように「いつも」いてくれる。このことを「大切なもの」としてココロにおいて欲しいです。そして、この大地震のことをいつまでも忘れずに祈り続けていくことを大切にしていきましょう。これから阪神淡路大震災を覚えて祈りたいと思います。
神様のお話
2023/1/14(土)
おもちつき(全クラス)
1月13日(金)にみんなでおもちつきをしました🌞おもちの準備やつき手など、早朝からご協力くださった皆様、本当にありがとうございます😌🌈登園時からおもちつきが始まるのを今か今かと心待ちにしていたお友だち!蒸し上がったおもちをつき手の皆さんがつき始めると、どのクラスもテラスに出てきたり、お部屋の入口に集まって覗いていたり…楽しみにしている様子がかわいかったです😄💕もち米は前日からお水に浸しておきます🙌蒸しあがったばかりのおもち👏湯気が写真に残るほど、熱々です!😳最初はつかずに杵に体重をかけながら、お米を均一に潰していきます。この作業が大事とのこと💪「あれ!お米みたいな粒々が見える!」と子どもたちから声があがりました😆さあ、おもちつきに挑戦!顔つきがとっても真剣だったひよこ・ばら組さん🥰ぺったんぺったんぺったんこ~と「もちつき」のお歌を歌いながら、わくわくでいっぱいのもも組さん🌸「がんばるぞ~!!」とやる気満々のひまわり組さん🌻つき手のみなさんがついている間も「がんばれ、がんばれ」と応援したり、お歌を歌ったり、「ぼくのパパだよ!」と嬉しそうにしていたり😌みんなかわいかったです✨みんなでついたおもちは、係の皆様がまんまるに丸めてくださって…おいしいおもちになりました👏😋できあがったおもちは、お土産としてみんな持ち帰りました🌟楽しい1日だったね🥰
ぼくようっこ便り
2022/12/13(火)
すべての人と出会うために〜馬小屋で生まれたイエスさま〜
聖書のことば「マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。」ルカ 2:6〜7チャプレン 司祭 ダビデ林 和広 おはようございます。幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか? クリスマスが近づいてきましたね。今週の金曜日には幼稚園のクリスマス礼拝、聖劇、クリスマスのお祝いがありますね。先週、聖劇のリハーサルをしましたね。とってもよく出来ていましたよ🙂劇を通して、イエスさまがどのようにしてお生まれになったかを知ることができました。聖劇のはじめに「イエスさまは宮殿ではなくて、馬小屋でお生まれになった」そのような説明がありました。神さまの独り子であるイエスさまはどんなに大きな国の王様、王子様よりも偉いのに、王様や王子様が住む宮殿ではなくて、動物たちが休んでいる馬小屋でお生まれになられたといいます。 さて、今朝の聖書の言葉は「マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた」という言葉。 立派な宮殿の中にあるベッドではなく、動物の食べ物を入れる飼い葉桶の中で布にくるまれて生まれたばかりのイエスさまは寝っていました。偉い王様が住むような大きな宮殿には選ばれた人しか入れません。王様、王子様を守る人たちもたくさんいて選ばれた人しか王様や王子様に会うことができない。でも、そんな王様よりもはるかに偉い神さまの独り子イエスさまはマリアさん、ヨセフさんと小さな、小さな、誰でも入れる馬小屋におられました。そして、そこで最初に出会ったのは羊飼いさんでした。羊飼いという仕事はとても大変な仕事なのに、羊飼いさんたちのことをほめる人は誰もいませんでした。羊飼いさんたちには友だちがいませんでした。羊飼いさんたちはゆっくりと休めるお家もありませんでした。とっても貧しい人たちでした。イエスさまはこの羊飼いさんたちのような人たちと出会うために馬小屋でお生まれになりました。羊飼いさんたちのような人たちのおともだちとなり、いっしょに生きるためにイエスさまは馬小屋でお生まれになりました。どんな王様よりも偉い神さまの独り子なのに。 神さまの独り子イエスさまは選ばれた人たちだけが出会える方ではありません。すべての人、特におともだちもなく、貧しく、さみしい思いをしている人たちと出会うためにお生まれになりました。弱く、貧しく、悲しんでいる人、さみしさを感じている人たちのためにイエスさまは神さまのところからこられたのです。神さまからの最高の贈り物として。
神様のお話
2022/12/8(木)
12月のお話
段々寒い日も増えてきました。子どもたちは、朝寒いと布団から出ない、準備に時間がかかるなど行き渋りの原因になったりします。対応としては部屋を暖かくして起きやすいようにしておくと良いですね。コロナだけでなくインフルエンザも増える時期ですので引き続き健康にお気を付けください。 師走は忙しい月です。「忙しい」は心を亡くすと書きますので、心に負担が来たりポジティブになれなかったりします。そんな時には、「自分は頑張っているから大丈夫だよ」とセルフハグをしてみましょう。そんな心の救いとしてお生まれになられたのがイエス様です。まもなくイエス様のお誕生をお祝いする日がやってきます。「クリスマス」は、クリス=キリスト(救い主)、マス=ミサ(礼拝)で、救い主イエス様の誕生をお祝いして礼拝する日という意味です。11月半ばより牧羊幼稚園ではアドベントが始まりました。アドベントはクリスマスをお迎えする準備の期間のことをいいます。アドベントカレンダーを飾り、毎日1枚ずつめくりながらクリスマスが来るのを楽しみに待ちます。子どもたちとお部屋の中を飾ったり、お祝いのためにいろいろな準備をしたり、みんなで楽しいクリスマスを迎えましょう。
園長先生の小窓
2022/12/5(月)
いっしょにいてくれる
聖書のことば「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」マタイ 1:23チャプレン 司祭 ダビデ林 和広 おはようございます。幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか? 新しく1本、ローソクに火が灯されましたね。クリスマスがまた一つ近づいてきました。ひまわり組さんたちは聖劇の準備を始めていますね。聖劇とはイエスさまがお生まれになった次第を演じることを通してイエスさまの誕生の出来事を想い起こし、お祝いすることです。 今朝の聖書のことばは「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる」という言葉。これはマタイによる福音書という書物の中にある言葉です。イエスさまのお父さんになるヨセフという人が寝ているときに、夢の中で天使がヨセフに告げた言葉です。 イエスさまの「イエス」という名前は「神さまが救う」という意味があるということを先週、お話しましたけど、今日の聖書の言葉では、「インマヌエル」という名前が出てきましたね。「インマヌエル」とは「神さまがいつもいっしょにいてくれる」という意味があります。生まれてくる男の子、それはイエスさまのことですが、イエスさまは生まれてから大人になっていろんなところを旅して回りましたが、出会う人みんなに一つのことを伝えました。それは、あなたにはいつも神さまがいっしょにいてくれるよ、ということでした。ひとりぼっちで悲しんでいる人、病気で苦しみ悲しんでいる人、その他つらい思いをもってさみしくしている人に対して、イエスさまはいつも「あなたは一人じゃないよ、神さまがいてくれるよ」ということ、そして、イエスさまもその人のことをいつも大切に思っていることを伝えました。イエスさまはいろんなところを旅しましたが、離れていてもあなたのことをいつも大切に思っている、ということを伝え続けたのでした。そのイエスさまは天の父なる神さまのところに戻られる時、イエスさまといつもいっしょにいた弟子たちに一つの約束をしました。それは目には見えなくなっても「わたしはいつまでもあなたたちといっしょにいるよ」という約束でした。イエスさまはこのことを伝えるためにわたしたちが生きているこの世界に来られたのです。さみしい気持ちになっている人たちを元気にするために。イエスさまはみんなのところにもいつもいてくれます。目に見えなくてもいつも見守ってくれています。楽しい時、悲しい時、どんなときでもです。イエスさまに見守られて生きているのです。安心して楽しく元気で過ごしてほしいと思います。そのことを覚えていてくれたらうれしいです🙂
神様のお話